新リリース XRY 8.2.2:Samsung Galaxy A/J/Sシリーズの物理バイパスと、iOSでのCheckm8サポート

XRYの新バージョンでは、Samsung Galaxy A/J/Sシリーズに対する物理バイパスをサポートし、計83機種の自動デコードを拡張しました。これにより、調査担当の方は、Exynosチップ搭載のスマートフォン(ロックされている状態にも対応)にアクセスしてデータを解析できます。

XRYの新バージョンでは、iOS用のCheckm8エクスプロイトのサポートを改良したため、ジェイルブレイクされた携帯にCyndiaをインストールしなくてもXRYで抽出できます。

また、XRY 8.2.2ではKaiOS(低価格帯スマートフォンで急速に広まっているモバイルOSです)のサポートも拡張し、さらにXRY Photonを改良してWhatsAppおよびSignalアプリのデータを取得できるようになりました。