fbpx

Daily Archives: 11月 8, 2019

French agency uses ‘chip-off’ technique to solve a critical case

Recovering data from mobile devices continues to bring new challenges to investigators, and using “chip-off” and Joint Test Action Group (JTAG) methods have become topics of growing interest in the law enforcement community. When a mobile device is damaged or locked, the chip-off and JTAG methods are among the best alternative solutions for examiners Read more »

2019-11-14T15:27:50+01:0011月 8th, 2019|True Cases|

新しいMSAB Kiosk Mk III

現在デモンストレーションとプレリリースオーダーをご利用いただけます データ抽出の速度を上げ、すっきりとした新しいデザインを採用し、その他にも多数の機能を強化しました。MSABから新しいMSAB Kiosk Mk IIIをご紹介いたします。市場をリードする現場用モバイルフォレンジックツールの最新バージョンです。数多くの組織で、モバイルフォレンジック活動を分散化させ、効率とパフォーマンスを高めるためにKioskが使用されています。Kioskを使用すると、ユーザーは最小限のトレーニングで各種デバイスを処理できるようになり、フォレンジックラボの専門家は、より困難なデバイスや事件の解明に時間を使えるようになるため、データ抽出のパワーが拡大されます。Kiosk Mk IIIはロック解除のための新しいツールとして機能するため、現場のユーザーがモバイルフォレンジックのパワーをフル活用できるようになり、組織としての効率が高められます。新機能MSAB Kiosk Mk IIIは、頑丈な設計、大型のタッチスクリーン、使い勝手の良さなど、以前の機種でご愛用いただいていた点をすべて取り入れています。一方で、設計は基礎から練り直しているため、パフォーマンスが改善され、新しい機能を備え、将来の製品開発をサポートできるようになっています。Kiosk Mk IIIはKioskの中でも最高速度であり、デジタルデザインのメジャーアップグレードにより、抽出と解読の速度は最大で40%速くなっています。Kiosk Mk IIIは、すっきりした新しいデザインと大型の21.5インチフルHD IPSタッチスクリーンを備え、ディスク容量、プロセッサ速度、RAMの容量を拡大し、新しいUSB 3ポートを備えています。また、前面で出し入れするタイプのスロットインBlu-Rayライターも備えており、信頼性が向上しています。新しい水平LEDストリップは、独立してプログラム可能なLEDライト32個で構成され、進捗状態や、「ビジー」「準備完了」「操作が必要」などのステータスを表示します。これは組織内のニーズに合わせてカスタマイズすることもできます。備え付けの引き出しでケーブル類の保管や整理ができ、作業場所を片付けておくことができます。 デモンストレーションとオーダーMSAB Kiosk Mk IIIは、現在デモンストレーションとプレリリースオーダーをご利用いただけます。詳細情報、オーダー、デモンストレーションについては、sales@msab.com までお問い合わせください。Kiosk Mk IIIの出荷は、2020年第1四半期の早い時期を予定しています。MSAB KioskについてMSABKioskでは、シンプルなタッチスクリーンターンキーインターフェースでXRYのパワーをフルに活用できます。このインターフェースでは、決められたワークフローに従って段階的に抽出作業を実行でき、また使用する組織内のニーズと要件に合わせてカスタマイズすることもできます。これは最前線の現場で活動する調査担当者などのユーザーのために設計されています。現場では、モバイルデータの復元と分析はユーザーが担当する活動の一部にすぎません。ユーザーは、モバイルデバイスから正しく整合性のあるデータを抽出するという作業を短時間で済ませることができ、必要なトレーニングも最小限で十分です。Kioskでデータの抽出と解析に使用するソフトウェアはコンスタントにアップグレードされているため、データ復元の対象となるモバイルデバイスやアプリの範囲を広げ、質の良い作業を短時間で賢く大量に行うことができます。MSAB Kioskでカスタマイズ可能なワークフローを使用すると、ユーザーやスキルレベルのさまざまなタイプに合わせて、組織内でユーザーシーケンスを個別に設定できるようになります。シーケンスはソフトウェアの「ウィザード」のように機能し、組織内のさまざまなユーザーの方に、自信をもってモバイルデバイスの内容を抽出していただけます。シーケンスは、組織内のニーズ、実践方法、規則に合わせてカスタマイズできます。特定の指示や操作に関してユーザーに指示を出したり、あるいはユーザーグループをロックすることもできます。これにより、ユーザー全員が、承認された整合性のあるプロセスに確実に従うようになり、証拠の完全性の確保や組織のポリシーとプロセスの遵守を順序立てて確認できます。MSAB KiosksをXEC Directorで管理すると、チームリーダーや管理者はリモートユーザーと通信し、オペレーションのモニタリングと報告を行い、ソフトウェアを即時にアップデートするというような操作を、1ヶ所からすべて行えるようになります。Kioskユーザーの操作はすべて記録し、参照し、エクスポートすることができ、管理情報レポートを作成して投資の回収を確認することができます。Kioskを含む弊社のツールはすべてネットワーク化できるため、データの保存を集中的に行い、ユーザーとサイトの間でシームレスにデータを転送できます。これは時間とコストを大幅に節約します。また、弊社のツールではエクスポートと解析のカスタマイズと自動化もできます。これは、たとえば大量のデータをスクリーニングして脅威や既知の情報を探す場合に便利です。MSAB Kioskは、ロックダウン構成と自動監査ログを通じて、使用組織がISO 17025の基準を満たせるようにします。ワークフローの中でデジタルドキュメントキャプチャ機能を使用すると、標準的なレポートを自動的に生成できるため、さらに効率を上げて端末の操作時間を短縮できるようになります。MSAB KioskのトレーニングMSAB Kioskでデータの抽出と解析を行うために必要なトレーニングは、最小限のもので十分です。コストを削減してパフォーマンスを上げられるように、弊社では受講生を認定するためのトレーニングとして、教室での研修とオンデマンドのインタラクティブなオンライントレーニングを提供しています。

2019-11-08T12:26:47+01:0011月 8th, 2019|Release News|

Support for Samsung Galaxy S7/S8/S9, A and J series

With the recent exciting release of version 8.1.2, XRY now supports the physical unlock, dumping and automatic decoding of Samsung Galaxy devices with the Exynos chipsets: including the S7/S8/S9, plus A and J series models. The 8.1.2 release provides physical extraction capability for 30 different variants with more to come. The support offered in Read more »

2019-11-08T10:25:55+01:0011月 8th, 2019|Extraction|